アイナメ釣りの時期と時間帯

アイナメ釣りの時期と時間帯

アイナメとは?

アイナメは、カサゴ目アイナメ科に属する魚です。

 

堤防釣りでたまに釣れる魚の1つです。

 

関西地方では、“アブラメ”と呼ばれています。

 

アイナメ釣り

 

アイナメは、日本各地の沿岸の岩礁帯に生息しています。

 

水深は、20〜30mぐらいの比較的浅いところに多いです。

 

10〜1月の産卵期には、浅場へ移動してきます。

 

 

アイナメは、おかっぱりでも船からでも釣れます。

 

体長は30〜40cmのものが多く、60cm超える大物もいます。

 

 

アイナメは昼行性です。

 

主にアオイソメなどの虫類やエビなどの甲殻類、小魚類などを捕食します。

 

一般的には、エサ釣りの場合イワイソメアオイソメが使われます。

 

ワームでの釣りも可能です。

 

 

アイナメ釣りの時期・時間帯

アイナメの釣りの時期は、9〜2月です。

 

先ほども述べましたが、アイナメの産卵期は10〜1月です。

 

そのため、晩秋が乗っ込みの時期になります。

 

産卵のために浅場へ移動してきたアイナメが狙い目です。

 

また、体力を回復するために荒食いしますので、産卵後も狙い目です。

 

これ以外の月でも、まったく釣れないというわけではありません。

 

 

アイナメは昼行性なので、日中に釣るとよいです。

 

ただ、夜釣りでも釣れなくはありません。

 

もっとよい時間帯は、朝マズメの前後の3〜4時間です。

 

この時間帯に勝負をかけるのがセオリーです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「アイナメ釣りのブラクリ仕掛けと釣り方

ホーム