アイナメ釣りのルアー(ワーム)仕掛けと釣り方

アイナメ釣りのルアー(ワーム)仕掛けと釣り方

アイナメ釣りのルアー(ワーム)仕掛けと釣り方についてご紹介しています。

 

ワームを使った仕掛けには、ジグヘッドリグ仕掛けやテキサスリグ仕掛けなどがあります。

 

 

ジグヘッドを使った仕掛けです。

 

アイナメ釣り ジグヘッド仕掛け

 

ロッドやリールなどは、テキサスリグと同じなので下を参考にしてください。

 

 

アイナメ釣りのテキサスリグ仕掛け

おすすめは、テキサスリグ仕掛けです。

 

テキサスリグ仕掛けは、根がかりが少ないので、思い切って根などを攻めることができます。

 

釣り荒れていないポイントを狙えるので、大型が釣れることも多いです。

 

ここでは、テキサスリグ仕掛けを中心に解説します。

 

アイナメ釣り テキサスジグ仕掛け

 

ロッド

ロッドは、ハードロックフィッシュ用を使います。

 

大型が食ってくることを想定して、パワーのあるロッドを用意した方がよいです。

 

長さは、7〜8フィートのものを選びます。

 

こちらを参照!

 

 

リール

一気に巻け上げられる、パワーのあるベイトリールがおすすめです。

 

スピニングリールでも問題はありません。

 

2000〜3000番を使うとよいです。

 

こちらを参照!

 

 

ライン・リーダー

ラインは、PEの1.5〜2号を巻いておきます。

 

リーダーは、フロロカーボンの20lbを5〜6mセットします。

 

 

シンカー

バレットシンカーやボールシンカーがおすすめです。

 

重さは、14〜21gを使います。

 

タングステン製が人気です。

 

 

フック

オフセットフックの1/0〜3/0を使います。

 

 

ワーム

ワームは、3〜4インチを使います。

 

ホッグ系カーリーテールがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

 

アイナメ釣りのテキサスリグでの釣り方

アイナメ釣りのテキサスリグでの釣り方についてご紹介しています。

 

テキサスリグは、根がかりが少ないので、積極的に根回りなどを攻められます。

 

基本的には、キャストしてのズル引きです。

 

少しくらい障害物があっても、ズル引きでOKです。

 

ズル引きが難しいところでは、ロッドを煽るようにして、仕掛けを浮かせます。

 

大きく跳ね上がらせて、障害物を乗り越えます。

 

 

また、小刻みにロッドを動かすことによって、その場でワームを躍らせるのも効果的です。

 

これがよい誘いになります。

 

さらに、シンカーとビーズが当たって出る音で、アイナメによいアピールができます。

 

アイナメ釣り ワーム 仕掛け

 

 

当たりがあれば、大きく合わせて一気に底から引き離します。

 

小さな当たりでは針がかりしませんので、食い込むまで待ちます。

 

 

堤防の際に仕掛けを投入してもよいです。

 

中層にいることもあるので、底から中層までリフト&フォールなどで誘いを入れます。

 

ケーソンの継ぎ目など、潮の流れに変化があるポイントが狙い目です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「オオモンハタ釣りの時期と時間帯

ホーム