アカハタ釣りのワーム仕掛けと釣り方【オフショア】

アカハタ釣りのワーム仕掛けと釣り方【オフショア】

アカハタ釣りのワーム仕掛け

アカハタ釣りのワーム仕掛けについてご紹介しています。

 

オフショアで、アカハタを狙う場合の仕掛けです。

 

テキサスリグ仕掛けを使います。

 

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

アカハタ釣りのワーム仕掛け

 

 

ロッド

ロッドは、ロックフィッシュ用のものをおすすめします。

 

根に潜られる前に、一気に巻き上げないといけないので、胴がしっかりとしたロッドを使います。

 

長さは、6〜8フィートがよいです。

 

硬めのバスロッドでもOKです。

 

こちらのロッドがおすすめです!

 

 

リール

リールは、スピニングリールを使います。

 

サイズは、3000番がおすすめです。

 

ハイギアタイプが望ましいです。

 

こちらのロッドがおすすめです!

 

 

ライン

ラインは、PEの1.5号を巻いておきます。

 

 

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの5号をセットします。

 

少し太めのものを使わないと、根ズレで切れてしまいます。

 

 

オモリ

オモリは、タングステン製バレットシンカーの1.5オンスを使います。

 

 

フック

フックは、オフセットフックの#2/0を使います。

 

 

ワーム

ワームは、ホッグ系やシャッド系、カーリーテール系を使います。

 

サイズは、3〜4インチです。

 

こちらのワームがおすすめです!

 

スポンサーリンク

 

 

アカハタ釣りのワーム仕掛けにおよる釣り方

アカハタ釣りのワーム仕掛けによる釣り方についてご紹介しています。

 

釣り方は、次のとおりです。

 

まず、仕掛けを軽くキャストします。

 

底まで仕掛けを沈めます。

 

きちんと着底を確認できる重さのオモリを使います。

 

 

基本的な誘い方は、リフト&フォールです。

 

リフトの時は、ロッドをゆっくり煽るようにします。

 

フォールの時は、フリーフォールでもカーブフォールでも構いません。

 

必ず、着底させてからリフトに入るようにします。

 

竿下まで来れば、仕掛けを回収し、再びキャストします。

 

 

当たりがあれば、すぐに合わせて一気に巻き上げます。

 

根に潜られないようにするためです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「クロソイ釣りの時期(シーズン)

ホーム