アコウダイ釣りの時期

アコウダイ釣りの時期

アコウダイとは?

アコウダイは、スズキ目・カサゴ亜目・メバル科・メバル属に分類される魚です。

 

太平洋側では青森県から高知県まで、日本海側では新潟県から島根県までの岩礁帯に群れを作って生息しています。

 

水深400〜500m(産卵期は200m)と、かなり深いところにいます。

 

そのため、からでないと釣ることは難しいです。

 

高級魚なので人気が高く、専門で狙いに行く釣り人もいます。

 

アコウダイ釣り 時期
(http://blog.goo.ne.jp/deep-runnerから引用)

 

 

体色は鮮やかな赤色です。

 

海面まで釣り上げると、まるで赤い花が咲いたかのように見えます。

 

体長は、50cmほどにもなる個体もいます。

 

 

普段は、深いところにいますので、釣り上げてくると、気圧の関係で目玉が飛び出してしまいます。

 

海面近くまでくると、お腹を上にしてぷかぷかと浮いてきます。

 

 

アコウダイ釣りの時期

アコウダイ釣りの時期についてです。

 

アコウダイは、12〜4月にかけて産卵期を迎えます。

 

産卵前後には、荒食いする習性があります。

 

数が狙えるので、この時期に狙うのがベストです。

 

特に、初心者におすすめです。

 

この時期以外でも、年間を通してアコウダイを釣ることはできます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「アコウダイ釣り仕掛け(船釣り)と釣り方

ホーム