アコウダイ釣り仕掛け(船釣り)と釣り方

アコウダイ釣り仕掛け(船釣り)と釣り方

アコウダイ釣り仕掛け(船釣り)

アコウダイ釣りの船釣り仕掛けについてご紹介しています。

 

アコウダイ釣りは、基本的に胴突き仕掛けで行います。

 

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

アコウダイ釣り 仕掛け 船釣り
(針の数はもっと多いです。)

 

ロッド

ロッドは、深海用のロッドを使います。

 

水深が深いので、使用するオモリが重いです。

 

そのため、使用するオモリの重さをきちんと把握しておかなければなりません。

 

無理に使うと、ロッドが破損してしまいます。

 

 

 

 

リール・ライン

電動リールを使います。

 

ラインは、PEの8〜10号を1000m巻きます。

 

これだけのラインを巻けるものを用意しないといけません。

 

 

 

 

ハリス・針

ハリスはフロロカーボンの14〜16号、針はムツ針の17〜20号を使います。

 

針にタコベイト付けてもよいです。

 

ケミボタルが効果的な場合もあります。

 

 

オモリ

オモリは、300〜500号を使います。

 

釣りに行く場所や海の状況に寄っても変わります。

 

スポンサーリンク

 

 

アコウダイ釣りの船での釣り方

アコウダイ釣りの船での釣り方についてです。

 

エサは、サバの切り身イカの短冊がよく使われます。

 

幅1.5cm、長さ2cmと少し大きめにしておくとよいです。

 

 

アコウダイの釣り方についてです。

 

基本的には、アコウダイは底付近にいます。

 

そのため、狙うのはです。

 

 

まず、仕掛けを底まで沈めます。

 

途中で何回か止めて沈めると、比較的まっすぐ沈められます。

 

一気に沈めると、潮に大きく流されてしまい、最悪他の人とお祭りしてしまうことがあります。

 

 

着底すれば、すぐに1〜5mほど巻き上げておきます。

 

船を流しての釣りになります。

 

そのため、底にオモリをずっと付けたままにしておくと、根がかりする恐れがあります。

 

適度に底を取り直す必要があります。

 

底を取り直すことが、よい誘いになりますので、特に誘いを入れなくてもよいです。

 

このまま当たりを待ちます。

 

 

当たりがあれば、少しラインを巻いて、追い食いを狙います。

 

巻き上げは、船長からの指示があるまで行いません。

 

指示があれば、一定の速さで巻き上げます。

 

 

海面近くまで来ると、アコウダイがぷかぷかと浮いてきます。

 

この時、仕掛けを緩めないように注意します。

 

緩めてしまうと、針が外れてしまいます。

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「インチクサビキの仕掛けと根魚の釣り方

ホーム