ボートメバル釣りのタックルと釣り方【ワーム・メタルジグ】

ボートメバル釣りのタックルと釣り方【ワーム・メタルジグ】

ボートメバル釣りのタックルと釣り方についてご紹介しています。

 

ボートメバルと言っても、釣り方はいろいろあります。

 

ジグヘッド&ワームメタルジグなどを使います。

 

ここでは、ジグヘッド&ワームとメタルジグを使った仕掛けと釣り方について解説します。

 

なお、メバルだけでなく、カサゴを狙う場合も、仕掛けと釣り方は同じでOKです。

 

 

ボートメバルの仕掛け

ボートメバルの仕掛けについてです。

 

ジグヘッド&ワームとメタルジグのどちらを使っても、基本的にはロッドやリールの仕様はそれほど変わりません。

 

はじめから両方で釣ることを考慮して、タックルを選んでおくと間違いありません。

 

ロックフィッシュ メタルジグ 仕掛け

 

 

ロッド

ロックフィッシュ用のロッドを使います。

 

長さは、7フィート前後が使いやすいです。

 

チューブラータイプのロッドを使うと、ジグヘッド&ワームの釣りでもメタルジグの釣りでもできます。

 

 

 

釣り人によっては、ソリッドタイプを好まれることもあります。

 

 

 

リール

リールは、バックラッシュがない小型のスピニングリールを使います。

 

2000番がおすすめです。

 

 

ライン

ラインは、PEの0.3〜0.4号を巻いておきます。

 

 

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの2.5〜4lbをセットしておきます。

 

ナイロンでもOKです。

 

 

ジグヘッド

ジグヘッドは、1.5〜3gを使います。

 

状況によって、重さを変えるようにします。

 

 

 

ワーム

ワームのサイズは、メバルの大きさによって変えます。

 

小型が多ければ、1.5インチ前後がよいです。

 

夜釣りなら、夜光タイプがおすすめです。

 

 

 

 

メタルジグ

メタルジグは、3〜5gの重さを使います。

 

水深や潮の速さなどによって変わります。

 

ただ巻きだけで釣れる便利なメタルジグもあります。

 

初心者におすすめです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ボートメバルの釣り方

ボートメバルの釣り方についてです。

 

ジグヘッド&ワームとメタルジグをうまく使い分けると、釣果アップを図ることができます。

 

明るいうちは、ジグヘッド&ワームメタルジグのどちらで狙ってもよいです。

 

両方やってみて、メバルの反応を確かめてみるとよいでしょう。

 

しかし、暗くなると、メタルジグはおすすめできません。

 

ジグヘッド&ワームで攻めるようにします。

 

 

ジグヘッド&ワームでも、メタルジグでも釣り方はそれほど変わりません。

 

まず、仕掛けをキャストしてまで沈めます。

 

着底後、ただ巻きか、リフト&フォールで誘いをかけます。

 

基本的には、どちらかでもOKです。

 

その日の反応のよい方で誘います。

 

あまりにも激しくシャクり過ぎると、かえって食わなくなります。

 

速く巻きすぎるともよくありません。

 

ソフトに誘うように心がけます。

 

 

釣れなければ、狙うポイントや棚を変えるようにします。

 

ジグヘッドやワーム、メタルジグの種類や重さなどに変化を付けるとよいです。

 

 

暗くなると、メバルが浮いてきます。

 

そのため、表層付近を狙うようにします。

 

1mも沈めなくても食ってくるようになります。

 

メバルがいる棚を探りながら釣るようにします。

 

 

明暗の境目が好ポイントになっています。

 

境目を引いてくるとよいです。

 

 

参考動画

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「ムラソイ釣りの時期と時間帯

ホーム