ロックフィッシュのボート仕掛け(タックルなど)と釣り方【ハードロックフィッシュ】

ロックフィッシュのボート仕掛け(タックルなど)と釣り方【ハードロックフィッシュ】

ロックフィッシュのボート仕掛け(タックルなど)

ロックフィッシュのボート仕掛け(タックルなど)についてご紹介しています。

 

ロックフィッシュとは言っても、ここではハードロックフィッシュが対象です。

 

ハードロックフィッシュとは、ロックフィッシュの中でも50cm以上に成長するものです。

 

キジハタなどが有名です。

 

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

テキサスリグ仕掛け

 

根がかりの少ないテキサスリグがおすすめです。

 

 

ハードロックフィッシュが相手なので、パワー負けしないしっかりとしたロッドを使います。

 

ロックフィッシュ専用ロッドがおすすめです。

 

スピニングリールでも、ベイトリールでも構いません。

 

ベイトリールの方がパワーはあります。

 

ワームについては、こちらを参照!

 

 

表層付近をルアーで引いてきても面白いです。

 

スポンサーリンク

 

 

ロックフィッシュのボート仕掛けによる釣り方

ロックフィッシュのボート仕掛けによる釣り方についてご紹介しています。

 

 

まず、ルアーをキャストします。

 

ルアーをまで沈めます。

 

基本的には、リフト&フォールで誘います。

 

ロッドの操作でルアーを持ち上げて、ゆっくり沈めて食わせます。

 

これを繰り返します。

 

 

また、ナブラが発生している時は、中層・表層をルアーで引いてきてもよいです。

 

このような場合、ロックフィッシュが浮いてきている可能性が高いです。

 

ナブラの向こう側にキャストして、ただ巻きだけでOKです。

 

 

当たりがあれば、合わせて一気に巻き上げます。

 

一気に巻き上げないと、根に潜られてしまうためです。

 

ドラグは締めておきます。

 

ハードロックフィッシュは、引き込みがかなり強いので油断は禁物です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「ロックフィッシュロッド(タックル)のおすすめは?硬さは?

ホーム