メバル釣りの電気ウキ仕掛け

メバル釣りの電気ウキ仕掛け

メバル釣りの電気ウキ仕掛けについてご紹介しています。

 

メバルは夜行性のため、暗くなるとエサを求めて活発に動き回ります。

 

そのため、夜釣りの方が釣りやすいです。

 

ただ、安全面には注意が必要です。

 

 

電気ウキ仕掛けは、次のとおりです。

 

メバル釣り 電気ウキ仕掛け

 

電気ウキ仕掛けは、もちろん夜釣り用の仕掛けです。

 

電気ウキを普通のウキに交換すれば、日中の釣りにも使うことができます。

 

 

竿

竿は、磯竿万能竿を使います。

 

長さは、3〜5mの中から使いやすいものを選びます。

 

目の前に障害物がないのなら、それほど長い竿でなくてもよいです。

 

ガイドへの絡み防止の点から言えば、中通しの竿がよいです。

 

 

 

 

リール・道糸

リールは、小型のスピニングリールを使います。

 

道糸は、ナイロンの2〜2.5号を巻いておきます。

 

 

 

 

ウキ

ウキは、小型の電気ウキを使います。

 

3〜4Bぐらいがよいです。

 

円錐型の電気ウキでもよいです。

 

B〜3Bぐらいがよいです。

 

 

ハリス・針

ハリスは0.8〜1号、針はメバル針9〜10号またはチヌ針2〜3号を使います。

 

ハリスの長さは、1〜1.5mにします。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「メバルの電気ウキ釣りの釣り方

ホーム