インチクサビキの仕掛けと根魚の釣り方

インチクサビキの仕掛けと根魚の釣り方

インチクサビキは、インチクとサビキを合体させた釣り方です。

 

インチクとは、オモリとタコベイトとフックを組み合わせて作られたルアーです。

 

根魚など、いろいろな魚がよく釣れると話題になりました。

 

タイラバなどと比べると、そこまではメジャーな釣り方ではありません。

 

 

インチクサビキの仕掛け

インチクサビキの仕掛けについてご紹介しています。

 

インチクサビキ 仕掛け

 

ロッド

ライトジギング用ロッドスロージギング用ロッドタイラバロッドを使います。

 

食い込み重視でロッドを選ぶとよいです。

 

 

 

 

リール

ベイトリールがおすすめです。

 

電動リールでもOKです。

 

 

 

 

 

ライン・リーダー

ラインは、PEの1〜1.2号を巻いておきます。

 

リーダーは、フロロカーボンの4〜6号をセットします。

 

3mほどでよいです。

 

 

インチク・サビキ仕掛け

インチクは、200g前後の重さを使います。

 

市販の根魚用のジギングサビキ仕掛けを使うとよいです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

インチクサビキの釣り方

インチクサビキで根魚を狙う場合の釣り方についてです。

 

基本的に、インチクはエサを付けなくても釣れます。

 

しかし、エサを付けると、さらに釣果アップが狙えます。

 

エサとしては、ホタルイカイカの短冊がおすすめです。

 

 

ターゲットは根魚なので、底付近を狙います。

 

誘いは、スローでのただ巻きです。

 

潮が速い時は、できるだけゆっくりの方がよいです。

 

激しい誘いは不要です。

 

底から5mぐらいまで巻き上げて、底へ沈めます。

 

これを繰り返します。

 

 

当たりがあれば、すぐに合わせます。

 

あとは、緩めないで一定の速さで巻き上げてきます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

ホーム