カサゴ釣りのエサは何がよい?付け方は?

カサゴ釣りのエサは何がよい?付け方は?

カサゴ釣りのエサについてご紹介しています。

 

カサゴの食性は、動物性です。

 

そのため、虫からエビまでいろいろなものを食べます。

 

 

よく使われるエサを中心に挙げていきます。

 

もっともメジャーなのは、虫エサです。

 

特に、アオイソメアオムシが人気です。

 

虫エサが人気なのは、動きと匂いでカサゴにアピールできるためです。

 

針に付けて、底に沈めておくと、虫が勝手に動き、カサゴに誘いをかけてくれます。

 

初心者におすすめのエサです。

 

 

ジグヘッドには、次のように付けます。
カサゴ釣り エサ

 

ブラクリの針などには、ちょん掛けや房掛けなどが用いられます。

 

 

エビもよく釣れます。

 

オキアミシラサエビが人気です。

 

特に、オキアミは簡単に手に入るのでおすすめです。

 

オキアミにはボイルと生があり、さらにサイズもS・M・Lといろいろあるので使い勝手がよいです。

 

 

シラサエビは、生きているものを使います。

 

弱らないように、エアーポンプ付のクーラーボックスなどを準備しなくてはなりません。

 

そのため、オキアミに比べると大変です。

 

 

ジグヘッドには、次のように付けます。
カサゴ釣り エサ

 

ブラクリの針などには、オキアミの抱き合わせなども用いられます。

 

 

最後は、小魚です。

 

一般的には、キビナゴがよく使われます。

 

小魚のよいところは、匂いだけではなく、体の輝きでもアピールできる点です。

 

カサゴを狙う時は、通常まるごと1匹を付けます。(頭は取ります。)

 

少々大きくても、カサゴは丸呑みしていまいます。

 

適度な大きさに切り分けて使うという方法もあります。

 

 

ジグヘッドには、次のように付けます。
カサゴ釣り エサ

 

ブラクリについては、目を貫通させてその後エラの辺りに刺し込む付け方などが用いられます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「カサゴ釣りのワーム仕掛け(ジグヘッドリグ)と釣り方

ホーム