カサゴ釣りの船のライトワインド仕掛けと釣り方

カサゴ釣りの船のライトワインド仕掛けと釣り方

カサゴ釣りの船のライトワインド仕掛けと釣り方についてご紹介しています。

 

ライトワインドとは、ライトタックルで対象魚の食い気を誘って釣り上げるスタイルの釣り方です。

 

非常にゲーム性の高い釣りです。

 

おかっぱりからでも、船からでもOKです。

 

 

カサゴ釣りの船によるライトワインド仕掛け

カサゴ釣りの船によるライトワインド仕掛けは、次のとおりです。

 

カサゴ釣り ライトワインド

 

ロッド

ライトワインド専用ロッドがおすすめです。

 

張りのあるアジングロッドでも代用できます。

 

長さは、2m前後が扱いやすいです。

 

 

 

 

リール

スピニングリールを使います。

 

サイズは2000番がおすすめです。

 

おすすめはこちらを参照!

 

 

ライン

ラインは、PEの0.3〜0.6号を100m以上巻いておきます。

 

 

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの1.5号を0.5〜1mセットします。

 

 

ジグヘッド

ジグヘッドの重さは、2.5〜5gを使います。

 

ワームは、まっすぐになるようにセットします。

 

 

 

ワーム

基本的には、ライトワインド用のワームを使います。

 

カラーはレッドやピンク、オレンジ、ホワイトなどがよく用いられます。

 

ちなみに、メバルはグレーや肌色などがおすすめです。

 

 

 

 

 

カサゴ釣りの船によるライトワインドの釣り方

カサゴ釣りの船によるライトワインドの釣り方についてです。

 

釣り方は次のとおりです。

 

はじめに、仕掛けを底まで沈めます。

 

着底後、糸ふけを取ります。

 

誘い方は、竿先を小刻みに動かすだけです。

 

しばらく誘った後、そのまま当たりを待ちます。

 

当たりがなければ、再度を誘いを入れます。

 

 

他には、リフト&フォールやボトムバンピング、ワンピッチジャークがおすすめです。

 

  • リフト&フォール・・・竿をゆっくり上げたり下げたりする誘い方
  • ボトムバンピング・・・ルアーを飛び跳ねているように竿を動かす誘い方
  • ワンピッチジャーク・・・竿を1回シャクる間にリールを1回巻く誘い方

 

 

カサゴ釣りは、船を流して行うことが多いです。

 

そのため、長い時間仕掛けを放置すると、根がかりしてしまいます。

 

根がかりだけでなく、仕掛けが浮きすぎると、カサゴが食ってきませんので注意が必要です。

 

そのため、適度に底を取り直さなければなりません。

 

 

当たりがあれば、合わせてすぐに巻き上げます。

 

根に潜られないようにしなければなりません。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「メバル釣り(メバリング)の時期と時間帯

ホーム