カサゴ釣りの時期と時間帯でよく釣れるのは?

カサゴ釣りの時期と時間帯!ポイントは?

カサゴとは?

カサゴは、カサゴ目フサカサゴ科に属しています。

 

堤防でよく釣れる魚の1つです。

 

そのため、堤防で釣りをする人なら、1度は見たことがある魚です。

 

カサゴ釣り 

 

 

カサゴには、いろいろな呼び名があります。

 

関西では「ガシラ」、九州では「アラカブ」と呼ばれています。

 

 

北海道南部以南の沿岸部に分布しています。

 

沿岸部では、テトラ帯岩礁帯でよく見かけます。

 

 

おかっぱりでよく釣れるのは、10〜25cmほどの大きさです。

 

30cmを超えるものも釣れることがあります。

 

船釣りでは、40cmを超えることもあります。

 

 

夜行性なので、昼間は岩陰やテトラの隙間に潜んでいます。

 

夜になると、エサを求めて活発に動き回ります。

 

若干神経質な面があり、すぐにエサに食い付きません。

 

 

アオイソメなどの虫類やエビ、カニの甲殻類などを好んで食べます。

 

そのため、ワームなどのソフトルアーで誘って食わせることができます。

 

ワームを使うルアー釣りの人気がどんどん高まっています。

 

ガシリングと呼ばれることもあります。

 

 

カサゴ釣りの時期・時間帯

カサゴは、1年を通して釣ることができます。

 

ただ、ベストシーズンは秋から春にかけて(10月から5月ぐらいまで)です。

 

特に、12月から2月までが狙い目です。

 

カサゴは、冬になると、産卵のために接岸してきます。

 

大型を狙いやすいです。

 

夏も比較的よく釣れますが、大型は深場に移動してほとんど釣れません。

 

しかも、食べておいしいのがこの時期です。

 

 

釣れる時間帯についてです。

 

基本的には、朝昼夜のいつでも釣れます。

 

ただ、カサゴは夜行性なので、夜の方がよいように感じます。

 

 

冬に釣りに行く場合、ただでさえ寒いのに、夜釣りとなるとさらに寒さが厳しいです。

 

防寒対策を完璧にしておかないと、釣りどころではなくなってしまいます。

 

個人的には、朝夕マズメを中心に狙ってみるとよいと思います。

 

 

カサゴ釣りのポイント

カサゴの波止でのポイントについてです。

 

基本的には、潮通しのよい場所潮が当たる場所がおすすめです。

 

足元に地形の変化があれば狙ってみるとよいです。

 

波止では、テトラ周辺敷石の隙間は好ポイントなっています。

 

根掛かりのおそれはあるが、釣れる確率が高い場所です。

 

スレスレのところをルアーで引いてくるとよいです。

 

港内の堤防の角部分も攻めるのを忘れないようにします。

 

では、すべてがポイントとなっているので、広く探っていくことが大切です。

 

潮がヨレている場所や潮目、沖のシモリが狙い目となっています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「カサゴ釣りのエサは何がよい?付け方は?

ホーム