キジハタ釣りの時期(シーズン)と時間帯【アコウ釣り】

キジハタ釣りの時期(シーズン)と時間帯【アコウ釣り】

キジハタとは?

キジハタは、スズキ目・スズキ亜目・ハタ科・ハタ亜科に属しています。

 

関西ではアコウと呼ばれるなど、地域によって呼び方が異なります。

 

おかっぱりから狙えるハタ系では、もっとも人気があります。

 

専門で狙う船もあります。

 

大きさの割に引きが強いことで知られています。

 

キジハタ釣り アコウ釣り

 

 

青森県以南の沿岸の岩礁帯に生息しています。

 

30cmぐらいまでのものがよく釣れ、大きいものになると60cmを超えます。

 

夜行性のため、日中岩陰などに身を潜めています。

 

エビやカニなどの甲殻類を好みます。

 

 

味はあっさりとした白身で、非常においしいです。

 

高級魚として知られています。

 

スポンサーリンク

 

 

キジハタ釣りの時期(シーズン)と時間帯

キジハタ釣り(アコウ釣り)の時期についてご紹介しています。

 

キジハタは、初夏から秋にかけて(6月から11月ぐらいまで)よく釣れます。

 

これ以外の時期でも、まったく釣れないわけではありません。

 

年間を通して狙うことは可能です。

 

 

特に、7月から10月までが狙い目です。

 

大型狙いなら、産卵期(7〜8月)前の5〜6月がよいと言われています。

 

この頃になると、サーフやゴロタ場など浅場でよく釣れます。

 

秋が深まると、浅場ではあまり釣れず、水深のある港などが好ポイントとなります。

 

 

にも狙うことはできます。

 

穏やかな晴れた日の続く時がおすすめです。

 

できるだけ水温が高い方がよいためです。

 

狙うべきポイントは深場です。

 

深場は、水温が安定しているためです。

 

 

釣れる時間帯についてです。

 

日中でも釣れないことはありません。

 

しかし、キジハタは夜行性なので夜釣りの方がよいです。

 

朝夕マズメになると、表層近くまでエサを求めて動き回ります。

 

特に、薄暗くなってからの数時間が狙い目です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「キジハタの投げ釣り仕掛けと釣り方【アコウ釣り】

ホーム