キジハタの投げ釣り仕掛けと釣り方【アコウ釣り】

キジハタの投げ釣り仕掛けと釣り方【アコウ釣り】

キジハタ(アコウ)の投げ釣り仕掛けと釣り方についてご紹介しています。

 

意外なことに、キジハタは投げ釣りでも釣ることができます。

 

 

キジハタの投げ釣り仕掛け

キジハタの投げ釣り仕掛けは、次のとおりです。

 

キジハタ釣り アコウ釣り 投げ釣り

 

半遊動仕掛けでもよいです。

 

 

ロッド

ロッドは、30〜35号の投げ竿を使います。

 

長さは、4m以上がベストです。

 

 

 

 

リール

キャストするので、スピニングリールがおすすめです。

 

サイズは、大型を用意しておきます。

 

大物が掛かっても大丈夫なように、ドラグ付きを選びます。

 

 

 

 

 

ライン

ラインは、PEかナイロンを使います。

 

PEなら4〜5号、ナイロンなら5〜7号。

 

ナイロンの場合は、力糸(10号)をセットします。

 

 

天秤・オモリ

天秤は、L型天秤などを使います。

 

オモリは、30号前後を付けます。

 

潮の速さなどによって変わります。

 

 

ハリス・針

市販のロックフィッシュ用のハリス6〜8号の仕掛けを購入するとよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

キジハタの投げ釣りの釣り方

キジハタの投げ釣りの釣り方についてです。

 

まず、仕掛けをキャストします。

 

着底後、糸ふけを取って当たりを待ちます。

 

基本的には、そのまま当たりを待ちます。

 

あまり誘い過ぎると根がかりの恐れがあります。

 

 

当たりがあれば、しっかりと合わせて巻いてきます。

 

キジハタは居食いすることも多いので、念のため合わせてから巻き上げるとよいです。

 

 

キジハタ釣りの投げ釣りは、できれば複数本のロッドを使って仕掛けを投入しておきたいです。

 

投げる距離や方向を変えて、広く探っておくとよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「キジハタの探り釣り仕掛けと釣り方【アコウ釣り】

ホーム