クロソイ釣りのワーム仕掛けと釣り方

クロソイ釣りのワーム仕掛けと釣り方

クロソイ釣りのワーム仕掛けと釣り方についてご紹介しています。

 

クロソイは、ワームでも釣れます。

 

一般的には、ジグヘッドリグ仕掛けテキサスリグ仕掛けが使われます。

 

 

クロソイ釣りのワーム仕掛け

ここでは、ジグヘッドリグ仕掛けをご紹介します。

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

クロソイ釣り ワーム 仕掛け

 

ロッド

ロックフィッシュ用ロッドがおすすめです。

 

長さは、6〜7フィートぐらいです。

 

良型のクロソイの引きはかなり強いので、カサゴやメバル釣りで使うロッドより、パワーのあるものがよいです。

 

バスロッドなどでも代用できます。

 

詳しくはこちらを参照!

 

 

リール

キャストしますので、スピニングリールがおすすめです。

 

サイズは、2000〜3000番がよいです。

 

パワー巻けしないように、少し大きめの方が使いやすいです。

 

詳しくはこちらを参照!

 

 

ライン・リーダー

ラインは、PEの0.8〜1号を巻いておきます。

 

リーダーは、フロロカーボンの2〜4号をセットします。

 

長さは、1mほどでよいです。

 

 

ジグヘッド

ジグヘッドは、5〜15gぐらいを使います。

 

潮の状況などによっては、これ以外を使うこともあります。

 

 

ワーム

ワームは、ストレートやグラブ、ホッグなどを使います。

 

サイズは、3〜4インチぐらいがよいです。

 

詳しくはこちらを参照!

 

スポンサーリンク

 

 

クロソイ釣りのワーム仕掛けでの釣り方

クロソイ釣りのワーム仕掛けでの釣り方についてです。

 

根などの障害物周りを中心に狙うとよいです。

 

 

はじめに、仕掛けをキャストします。

 

着底後、誘いを入れます。

 

仕掛けを底から少し浮かせて引いてきます。

 

ロックフィッシュと聞けば、ベタ底というイメージがありますが、クロソイは底を少し切ってスイミングが効果的です。

 

ただ、浮かせすぎには注意が必要です。

 

 

リフト&フォールでもOKです。

 

しっかりと仕掛けを跳ね上げ、カーブフォールさせて着底させます。

 

カーブフォール時に当たりがあることが多いです。

 

 

当たりがあれば、すぐに合わせます。

 

すぐに巻き上げて、できるだけ早く底から引き離します。

 

根に潜られると、釣り上げるのが難しくなります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「アコウダイ釣りの時期

ホーム