メバリングの釣り方(ワームとジグヘッド)

メバリングの釣り方(ワームとジグヘッド)

メバリングのワーム&ジグヘッドを使った釣り方についてご紹介しています。

 

基本的な釣り方は次のとおりです。

 

 

ただ巻きでメバルを釣る

釣り方の中で、もっとも基本的な釣り方がただ巻きです。

 

ただ巻きとは、文字どおりただ巻くだけです。

 

他に誘いをかけることなどは不要です。

 

底から表層まで、幅広い範囲を探れます。

 

メバルの活性が低い場合は、あまり誘い過ぎると食わず、ただ巻きがよいです。

 

 

まず、仕掛けをキャストします。

 

底付近を狙うのなら、仕掛けを底まで沈めます。

 

着底すれば、すぐにリールを一定の速さで巻き始めます。

 

 

表層を狙うのなら、着水後すぐに巻き始めます。

 

中層を狙うのなら、ある程度沈めてから巻き始めればよいです。

 

着水後カウントダウンして、沈める深さを確認しておくとよいです。

 

 

もっとも重要なのは、リールを巻く速さです。

 

基本的には、1秒でハンドルを半回転から1回転巻けばよいです。

 

巻く速さによっては、メバルが食わないこともあります。

 

 

あまりにも遅く巻きすぎると、仕掛けは沈んでいきます。

 

逆に、速く巻きすぎると、仕掛けが浮いてきます。

 

この辺ことも頭に入れて、巻く速さを考えるとよいです。

 

メバリング ワーム ジグヘッド

 

スポンサーリンク

 

 

リフト&フォールでメバルを釣る

リフト&フォールも、よく用いられる誘い方です。

 

底付近にいるメバルを釣る時に効果的です。

 

 

リフトとは、ルアーを持ち上げることです。

 

フォールとは、ルアーを沈めることです。

 

つまり、リフト&フォールとはルアーを持ち上げて沈めることです。

 

 

特に、メバルはフォール中に食ってくることが多いです。

 

フォールには、フリーフォールとテンションフォールがあります。

 

フリーフォールとは、ラインを張らない状態で沈めることです。

 

テンションフォールとは、ラインを張った状態で沈めることです。

 

どちらがよいのかは、その日あるいはその時の状況によって異なります。

 

そのため、どちらがよいのか試してみるとよいです。

 

ただ、テンションフォールの方が当たりを取りやすいです。

 

 

まず、仕掛けをキャストして底まで沈めます。

 

着底すれば、ジグヘッドをやや機敏に動かすようなイメージで巻き上げ、その後沈めます。

 

巻き上げる速さや鋭さ、上げ幅などについては、いろいろと工夫してみます。

 

 

 

基本的には、「ただ巻き」と「リフト&フォール」をマスターすればよいです。

 

釣れない場合は、ジグヘッドの重さやワームの種類・カラー・サイズを変えてみるとよいです。

 

 

日中の釣りと夜釣りでは釣り方が異なる!

 

日中の釣り

を中心に攻めます。

 

ただ巻きでもリフト&フォールでも、やや速いアクションで誘いをかけます。

 

夜釣り

表層を中心に攻めます。

 

ゆっくりのただ巻きで誘いをかけます。

 

 

必ず、このような攻め方が有効とは限りません。

 

日中に表層で食ってくることもありますし、夜に底で食うこともあります。

 

誘い方に関しても同様です。

 

食わない時は、いろいろとやってみることが大切です。

 

 

メバリングについてより詳しく知りたいなら、こちらがおすすめです。

 

メバリングなどメバル釣り専用サイト

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「メバル釣りの電気ウキ仕掛け

ホーム