オオモンハタ釣りのメタルジグ仕掛けと釣り方【船からのライトキャスティング】

オオモンハタ釣りのメタルジグ仕掛けと釣り方【船からのライトキャスティング】

オオモンハタ釣りのメタルジグ仕掛けと釣り方についてご紹介しています。

 

オオモンハタはメタルジグでも好反応を示します。

 

仕掛けや釣り方などは、ワームで釣るのとそれほど変わりません。

 

そのため、ワーム仕掛けで使うタックルと同じでも問題ありません。

 

 

オオモンハタ釣りのメタルジグ仕掛け

オオモンハタ釣りのメタルジグ仕掛けは、次のとおりです。

 

オオモンハタ釣り メタルジグ

 

ロッド

ロッドは、ライトキャスティング対応のものがおすすめです。

 

ロックフィッシュ専用ロッドでも問題はありません。

 

7〜8フィートぐらいの長さが扱いやすいです。

 

30〜60gのメタルジグに対応しているロッドを選びます。

 

ルアーの重さに注意が必要です。

 

エギングロッド(3.5号のエギ対応のもの)でも使えなくはありません。

 

 

 

リール

リールは、スピニングリールを使います。

 

キャスティングに最適です。

 

2500〜3000番のサイズのものを選ぶとよいです。

 

 

 

ライン

ラインは、PEの0.8〜1号がおすすめです。

 

 

リーダー

リーダーには、フロロカーボンの4〜5号を使います。

 

1〜2mほどでよいです。

 

PEは根ズレに弱いので、フロロカーボンで根切れを防止します。

 

とは言っても、根に潜られてしまうとライン切れは必至です。

 

 

メタルジグ

メタルジグは、30〜60gのものを使います。

 

リアフックの根元にタコベイトを付けると、アピール度がアップします。

 

 

 

 

メタルジグ以外は、オオモンハタ釣りのワーム仕掛けを参照!

 

 

スポンサーリンク

 

 

オオモンハタ釣りのメタルジグでの釣り方

オオモンハタ釣りのメタルジグでの釣り方についてです。

 

 

釣り方は次のとおりです。

 

始めに、仕掛けをキャストして底まで沈めます。

 

底に着くと、すぐに巻き始めます。

 

基本的な誘い方は、ただ巻きでよいです。

 

つまり、ただ巻くだけで、特別なアクションは必要ありません。

 

比較的速めに巻くのがよいです。

 

緩急をつけるのも効果的です。

 

オオモンハタと言えばというぐらい、ただ巻きでの釣り方が鉄板です。

 

 

オオモンハタは、ハタ系の中では珍しく、ベイトを追いかけて捕食します。

 

非常に回遊性が高く、水面まで浮いてくることもあります。

 

もちろん、活性が高い時だけですが。

 

そのため、底だけでなく、仕掛けを浮かせて巻いてくるのも効果的です。

 

状況を見定めて、狙うべき棚を把握するようにします。

 

 

ただ巻きが基本ですが、底からメタルジグをシャクりながら巻いた後のカーブフォールで食わせることもできます。

 

これを繰り返し行います。

 

フォール中に食うことが多いです。

 

 

当たりがあれば、すぐに合わせて一気に巻き上げます。

 

根に潜られないように注意します。

 

ドラグの締め具合をチェックしておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「オオモンハタ釣りのショアスロー仕掛けと釣り方(ジギング)

ホーム