オオモンハタ釣りのショアスロー仕掛けと釣り方(ジギング)

オオモンハタ釣りのショアスロー仕掛けと釣り方(ジギング)

オオモンハタ釣りのショアスロー仕掛けと釣り方についてご紹介しています。

 

オオモンハタはメタルジグでもよい反応を示します。

 

 

オオモンハタ釣りのショアスロー仕掛け

オオモンハタ釣りのショアスロー仕掛けは、次のとおりです。

 

オオモンハタ釣り ショアスロー 仕掛け 釣り方

 

ロッド

ショアスロー対応のロッドがおすすめです。

 

長さは、10フィート前後が使いやすいです。

 

適合ルアーウェイトは20〜60gぐらいのロッドを選ぶと間違いありません。

 

 

 

 

リール

キャストに最適なスピニングリールを使います。

 

サイズは、2500〜3000番がよいです。

 

 

 

 

ライン

ラインは、PEの1号前後を巻いておきます。

 

 

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの4〜5号を1〜1.5mセットしておきます。

 

 

メタルジグ

メタルジグは30〜40gを中心に使います。

 

潮の速さや水深などによって異なります。

 

カラーは、ピンクゴールドなどがおすすめです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

オオモンハタ釣りのショアスローでの釣り方

オオモンハタ釣りのショアスローでの釣り方についてです。

 

磯などから狙います。

 

 

まず、フルキャストします。

 

仕掛けを底まで沈めます。

 

着底すると、ゆっくりと3回ほどジャークした後にフォールさせます。

 

これを繰り返します。

 

 

また、ただ巻きでもよいです。

 

しばらく巻いた後、フォールさせます。

 

 

フォールは、テンションフォールでもフリーフォールでも構いません。

 

反応がよい方を採用するとよいです。

 

そのため、いろいろと試してみます。

 

 

オオモンハタは、ただ巻きによる誘いに対しての反応がよいです。

 

アカハタも同じ仕掛けで同じ誘い方で釣れるのですが、底でのリフト&フォールに対しての反応がよいです。

 

参考にしてみてください。

 

 

ショアスローであまり釣れなければ、ショアラバに変更してみてください。

 

どちらかが当たりのことが多いためです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「オオモンハタ釣りのショアラバ仕掛けと釣り方(ショアラバージギング)

ホーム