オオモンハタ釣りのワーム仕掛け(船)と釣り方

オオモンハタ釣りのワーム仕掛け(船)と釣り方

オオモンハタ釣りのワーム仕掛けと釣り方についてご紹介しています。

 

オオモンハタをワームで狙うのが人気です。

 

仕掛け・釣り方ともには、おかっぱりからでも船からでもほとんど同じです。

 

 

オオモンハタ釣りのワーム仕掛け

オオモンハタ釣りのワーム仕掛けは、次のとおりです。

 

オオモンハタ釣り ワーム仕掛け

 

ロッド

ロックフィッシュ専用ロッドがおすすめです。

 

バットパワーのあるロッドを選びます。

 

長さは、7〜8フィートが使いやすいです。

 

20〜30gのルアーが使えるロッドにします。

 

他には、シーバスロッドエギングロッドでも代用できます。

 

 

 

 

リール

キャストするので、バックラッシュのないスピニングリールがおすすめです。

 

サイズは、中型(2500〜3000番)が適しています。

 

 

 

 

ライン

ラインは、PEの0.6〜1号を巻いておきます。

 

 

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの4〜5号を1〜1.5mセットします。

 

 

ジグヘッドなど

ジグヘッド型テンヤを使います。

 

20〜30gを潮の速さや水深に応じて使い分けます。

 

ジグヘッドを使ってもよいです。

 

 

 

 

ワーム

シャッド系のワームがおすすめです。

 

サイズは、3〜4インチです。

 

 

 

 

ワーム以外に、メタルジグバイブレーションでもOKです。

 

浮いている場合は、ミノー系などのプラグでも構いません。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

オオモンハタ釣りのワームでの釣り方

オオモンハタ釣りのワームでの釣り方についてです。

 

おかっぱりからでも、船からでも、釣ることが可能です。

 

ゴロタ場などが好ポイントとなっています。

 

オオモンハタ釣りは、底〜中層を狙います。

 

 

釣り方は、次のとおりです。

 

まず、仕掛けをキャストします。

 

着底後、すぐに2〜3m巻き上げます。

 

カサゴやアカハタなど他のロックフィッシュが釣れてもよいのであれば、巻き上げる必要はありません。

 

 

誘い方は、スローのただ巻きです。

 

できるだけ、ルアーが浮き上がらないようにします。

 

ある程度巻くと、底へ落とし、再度ただ巻きを行います。

 

 

ベイトの姿を表層で見つければ、表層を攻めるとよいです。

 

オオモンハタは、ベイトを追いかけて浮き上がってきます。

 

 

当たりがあれば、しっかり合わせて巻き上げます。

 

オオモンハタは集まっていることが多いので、1匹釣れれば、再度同じポイントを攻めます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「オオモンハタ釣りのメタルジグ仕掛けと釣り方【船からのライトキャスティング】

ホーム