ロックフィッシュ仕掛け 穴釣り(ブラクリなど)

ロックフィッシュ仕掛け「穴釣り(ブラクリなど)」と釣り方

ロックフィッシュの穴釣り仕掛けについてご紹介しています。

 

穴釣りとは、テトラや岩などの穴や隙間に仕掛けを落とし込んで釣る方法です。

 

 

穴釣り仕掛けと言っても、いろいろな仕掛けがあります。

 

まずは、ミャク釣り仕掛けです。

 

穴釣り仕掛け

 

 

テトラ周りや岩場で、カサゴやムラソイなどの魚がいそうな穴や隙間を見つけ、そこに仕掛けを投入して釣ります。

 

竿先を上下に動かして、誘いを入れて釣ります。

 

根がかりしないように注意しないといけません。

 

 

当たりがあると、一気に巻き上げ、穴から魚を引き抜きます。

 

魚が奥に潜り込んでしまうと、引き上げられなくなるためです。

 

 

深い穴を狙うこともできます。

 

どのような穴を攻める場合でも、必ず仕掛けが底付近にいくようにします。

 

エサを使ってもよいし、ワームを使ってもよいです。

 

 

次は、ブラクリ仕掛けです。

 

ブラクリ 穴釣り 仕掛け

 

 

ブラクリとは、穴釣りにぴったりのオモリと針がセットになった釣具です。

 

ラインにブラクリを付けるだけでOKです。

 

テトラや岩の穴・隙間を狙うのに最適です。

 

釣り方はミャク釣りと同じです。

 

ブラクリでの釣りも、エサとワームのどちらでも構いません。

 

 

最後に、ジグヘッド仕掛けです。

 

ジグヘッドとは、オモリにフックが付いたものです。

 

ラインにジグヘッドを付けるだけです。

 

こちらも、釣り方はミャク釣りと同じです。

 

エサとワームのどちらでも釣れます。

 

詳しくは、「ロックフィッシュのジグヘッド仕掛け」を参照!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「ロックフィッシュ仕掛け「ジグヘッドとワーム」と釣り方

ホーム