ロックフィッシュのラインのおすすめはPE・フロロ・ナイロン?

ロックフィッシュのラインのおすすめはPE・フロロ・ナイロン?

ロックフィッシュのラインのおすすめについてご紹介しています。

 

よく使われるラインとしては、PE・フロロカーボン・ナイロンがあります。

 

それぞれのラインには、メリットとデメリットがあります。

 

ロックフィッシュ ライン

 

 

まず、それぞれのラインのメリットとデメリットについて、簡単に説明します。

 

PE

 

強度があるので、細いラインを使えます。

 

細いと、キャストの際、飛距離が出やすいです。

 

また、伸びないので、感度がよくルアーを操作しやすいです。

 

アクションがルアーに伝わりやすいので、繊細な誘いもできます。

 

ただ、根ズレに弱いです。

 

風の影響を受けやすいです。

 

 

フロロカーボン

 

あまり伸びないので、比較的感度がよいです。

 

根ズレに強いです。

 

沈下速度が速いです。

 

ただ、張りがあるので、絡まりやすいです。

 

 

ナイロン

 

強度があり飛距離も出ます

 

そこそこ沈みやすいです。

 

ただ、伸びるので感度がよくありません

 

アクションがルアーに伝わりにくいです。

 

つまり、誘いがあまりかかりません

 

 

 

では、ロックフィッシュを釣る際には、どのラインを使えばよいのでしょうか?

 

釣り方によって、使い分けるのがベストです。

 

メバリングのように、キャストして釣る場合はPEがおすすめです。

 

PEの飛距離は捨てがたいです。

 

ただし、根ズレに弱いので、必ずフロロカーボンのリーダーをセットします。

 

フロロカーボンのラインに、ルアーを直結して釣る人もいます。

 

特に、風が強めの日はフロロカーボンの方がよいです。

 

 

穴釣りのようなキャストしない釣りには、フロロカーボンやナイロンを使います。

 

根ズレに弱いPEでは厳しいです。

 

 

このように、釣り方によって最適なラインを選ぶとよいです。

 

そのため、最低でもPEとフロロカーボンが巻いてあるリールを2つは用意したいですね。

 

スピニングリールとベイトリールを使い分ける人は、さらにリールの数が増えそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「ロックフィッシュのラインの太さ(号数)とリーダーとの結び方

ホーム