ロックフィッシュのラインの太さ(号数)とリーダーとの結び方

ロックフィッシュのラインの太さ(号数)とリーダーとの結び方

ロックフィッシュのラインの太さ(号数)

ロックフィッシュのラインの太さ(号数)についてご紹介しています。

 

ラインは、釣り方によって選ぶのがよいです。

 

 

では、ロックフィッシュを釣る際、どれくらいの太さ(号数)のラインを使えばよいのでしょうか?

 

対象魚の大きさ(小型か大型か)や釣り方、釣る人、釣りに行く場所などによっても、ラインの太さは全然違います。

 

そのため、釣りに行く前にいろいろな情報を入手しておくとよいです。

 

 

PEは、0.4〜0.8号(リーダーはフロロカーボン6〜10lb

 

フロロカーボン・ナイロンは、4〜8lb

 

 

この数字は、標準的なサイズのメバルやカサゴなどを想定した太さです。

 

とは言っても、30cmを超えるようなロックフィッシュでも十分上げられます。

 

ただしは、無理は禁物です。

 

 

ハードロックフィッシュを狙うような場合には、もっと太いラインやリーダーが使われます。

 

PEは1.5号で、リーダーはフロロカーボンの20lbなど。

 

 

ロックフィッシュのラインとリーダーとの結び方

ラインとリーダーとの結び方はたくさんあります。

 

基本的には、どの結び方をしても構いません。

 

しかし、大型を釣り上げるためにはある程度の強度の結び方をマスターしないといけません。

 

強度が高い結び方は、難しい傾向にあるだけに繰り返し練習する必要があります。

 

ただ、強度が高くても結べなければ意味がありません。

 

そのため、簡単な結び方からマスターして、徐々に強度が強い結び方に挑戦してもよいです。

 

 

おすすめの結び方は次のとおりです。

 

FGノット

 

参考動画

 

 

SFノット

 

参考動画

 

 

しっかり練習して、どのような状況でもすぐに結べるようにしておきます。

 

他の結び方でもよいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「ロックフィッシュのワームのおすすめと付け方

ホーム