ロックフィッシュリールの番手のおすすめは?スピニングとベイトはどちらがよい?

ロックフィッシュリールの番手のおすすめは?スピニングとベイトはどちらがよい?

ロックフィッシュ釣りで使うリールの選び方

ロックフィッシュ釣りで使うリールの選び方についてご紹介しています。

 

リールには、スピニングリールとベイトリールがあります。

 

メバリングのようにキャストして行う釣りには、スピニングリールがおすすめです。

 

ベイトリールはバックラッシュしやすいので、初心者には扱いづらいです。

 

 

一方、穴釣りなどはキャストしませんので、ベイトリールでも構いません。

 

ロックフィッシュは、基本的に底にいる魚です。

 

そのため、仕掛けを底まで沈めることが多いです。

 

底取りは、ベイトリールの方がしやすいです。

 

 

このように、釣り方によって使い分けるとよいです。

 

ただ、キャストする釣りでも、ベイトリールを使う人はいます。

 

ロックフィッシュ リール

 

スポンサーリンク

 

 

対象魚の大きさによって、使用するリールのサイズを変えるとよいです。

 

メバルやカサゴなどのライトロックフィッシュをターゲットにするのなら、小〜中型のリールがおすすめです。

 

スピニングリールなら、1000〜2000番を使います。

 

個人的には、2000番がよいと思います。

 

 

一方、アイナメやキジハタなどのハードロックフィッシュをターゲットにするのなら、中型以上のリールがおすすめです。

 

スピニングリールなら、2500〜3000番を使います。

 

少し大きめのリールの方がやり取りが楽です。

 

ハードロックフィッシュとパワーで勝負したい人は、ベイトリールがおすすめです。

 

 

ライトロックフィッシュからハードロックフィッシュまでを1つのリールで行うなら、2500番のスピニングリールがよいと思います。

 

それぞれに適したリールを用意した方が釣りやすいです。

 

 

安いリールを購入するのはやめた方がよいです。

 

できるだけ安く釣具を揃えたいと考える気持ちはわかりますが、あまりおすすめしません。

 

特に、キャストして誘いをかけて巻いてくる釣りではなおさらです。

 

安いリールを使うと、非常に釣りにくいことが多いです。

 

ハンドルがスムーズに回らなかったり、本体が重かったりと、あまりよいことがありません。

 

逆に、穴釣りなど足元に沈めての釣りなら、安いリールでもそれほど変わりません。

 

 

あと、はじめからリールに巻かれているラインは、使わない方がよいです。

 

切れやすいなど、あまりよくないラインが巻かれていることが多いためです。

 

リール購入後、自身で用意したラインに巻き替えることをおすすめします。

 

 

 

ロックフィッシュ釣りで使うリールのおすすめ

ロックフィッシュ釣りで使うリールのおすすめについてご紹介しています。

 

<スピニングリール>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ベイトリール>

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「ロックフィッシュのラインのおすすめはPE?それともフロロ?

ホーム