ロックフィッシュ仕掛け「ジグヘッドとワーム」

ロックフィッシュ仕掛け「ジグヘッドとワーム」と釣り方

ロックフィッシュのジグヘッド仕掛けについてご紹介しています。

 

一般的には、ジグヘッドにワームを取りつけて釣ります。

 

エサを付けても問題ありません。

 

 

ジグヘッド仕掛けは次のとおりです。

 

ジグヘッド仕掛け

 

ジグヘッドにワームをセットしたシンプルな仕掛けです。

 

ジグヘッドとは、オモリとフックがセットになったものです。

 

 

防波堤の際にジグヘッドを落とし込んで釣ることもできますが、基本的にはジグヘッドをキャストして釣ります。

 

メバリングやガシリングが有名です。

 

ライトロックフィッシュだけではなく、ハードロックフィッシュも狙えます。

 

驚くようなサイズの魚が釣れることもあります。

 

 

ジグヘッドの重さが非常に重要です。

 

重くすれば飛距離は出ますが、食いが悪くなります。

 

そのため、どの重さのジグヘッドを使うのかが1つのポイントとなります。

 

ワームの種類やカラーなどによっても、釣果が大きく左右されます。

 

 

釣り方は、基本的にはただ巻きです。

 

文字どおり、ただ巻くだけです。

 

または、ただ巻きとフォール(カーブフォールまたはフリーフォール)を組み合わせるのも効果的です。

 

 

他には、リフト&フォールなども有効です。

 

リフト&フォールとは、巻き上げて沈めることです。

 

沈める時は、テンションフォールがおすすめです。

 

テンションフォールとは、ラインを張ったまま沈めることです。

 

 

穴釣りにも使えます。

 

穴釣りに関しては、「ロックフィッシュ仕掛け「穴釣り(ブラクリなど)」と釣り方」を参照!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「ロックフィッシュのテキサスリグ仕掛けと釣り方(アクション)

ホーム