ロックフィッシュのショアラバ仕掛けと釣り方

ロックフィッシュのショアラバ仕掛けと釣り方

ロックフィッシュのショアラバ仕掛けと釣り方についてご紹介しています。

 

ショアラバという言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

 

ショアラバとは、おかっぱりからラバージグを使って行う釣りのことです。

 

ラバージグは、ジグヘッドにラバースカートが装着されたルアーの一種です。

 

代表的なものとして、キャスティング用のタイラバ(キャスラバ)があります。

 

ショアラバでは、真鯛や青物、ロックフィッシュまで、さまざまな魚種を釣ることができる万能の釣り方です。

 

どの魚種を釣る場合でも、仕掛けや釣り方はそれほど変わりません。

 

 

ロックフィッシュのショアラバ仕掛けについてです。

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

ロックフィッシュのショアラバ仕掛け

 

ショアラバと言っても、仕掛けはショアジギングとそれほど変わりません。

 

ただ、ロッドについては少しこだわった方がよいかもしれません。

 

ショアジギングロッドには、あまり穂先にしなやかさがないので、当たりがあった際に弾いてしまう恐れがあります。

 

そのため、ショアラバに対応したロッドがおすすめです。

 

ラバージグは、キャスラバ用でも問題ありません。

 

最近では、ロックフィッシュに対応したタイプも登場しています。

 

 

釣り方についてです。

 

基本的な釣り方は、リフト&フォールです。

 

仕掛けをキャストしたら、底まで沈めます。

 

着底後、すぐに誘い始めます。

 

 

ロックフィッシュは底付近にいるので、あまり浮かせないで探るようにします。

 

オオモンハタなど例外はありますが。

 

リフトでラバージグを見せて、フォールで食わせるのが基本です。

 

タイラバと違って、当たりがあれば即合わせします。

 

しっかりフッキングさせないとバレてしまうので、注意が必要です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「ロックフィッシュの船の胴突き仕掛けと釣り方

ホーム