ロックフィッシュのテキサスリグ仕掛けと釣り方(アクション) 直リグ仕掛けとの比較

ロックフィッシュのテキサスリグ仕掛けと釣り方(アクション)

ロックフィッシュのテキサスリグ仕掛けと釣り方

ロックフィッシュのテキサスリグ仕掛けと釣り方についてご紹介しています。

 

テキサスリグ仕掛けは次のとおりです。

 

テキサスリグ仕掛け

 

テキサスリグ仕掛けには、オフセットフックが使われます。

 

この仕掛けの大きな特徴は、図のようにワームをセットしますので、根がかりが少ないことです。

 

フックの先は、ワームから出るか出ないかぐらいにしておきます。

 

根がかりが少ないので、底ギリギリや障害物周りをタイトに攻められます。

 

 

 

主な釣り方としては、ボトムパンプです。

 

ボトムパンプとは、底を飛び跳ねるようにワームを動かすことです。

 

また、テトラの隙間などに落とし込んで釣ることもできます。

 

 

他にも、リフト&フォールが効果的です。

 

着底後、糸ふけを取ります。

 

ロッドを持ち上げてワームをリフトします。

 

そのままワームをカーブフォールさせます。

 

着底後、糸ふけを取って、再度ワームをリフトします。

 

これを繰り返します。

 

スポンサーリンク

 

 

テキサスリグ仕掛けと直リグ仕掛けを比較

テキサスリグ仕掛けと直(ジカ)リグ仕掛けを比較しています。

 

直リグ仕掛けは、次のとおりです。

 

直リグ仕掛け ロックフィッシュ

 

直リグ仕掛けとは、オモリとフックがサルカンで直結されているものです。

 

フックは、オフセットフックを使います。

 

根がかりしにくいので、底を攻めるのに適しています。

 

 

テキサスリグと比べると、圧倒的に底を取りやすいです。

 

しかも、より根がかりが少ないです。

 

あと、ラインを引きずらないのでライン切れのリスクがほとんどありません。

 

あくまで主観ですが。

 

 

釣り方は、底をコンコンと叩くようなイメージで誘いをかけます。

 

軽くキャストして、底を引いてきてもよいです。

 

 

必ずしも、どちらが優れているとは言えません。

 

その時の状況に応じて使い分けるのがベストです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「ロックフィッシュのメタルジグ仕掛けと釣り方【ショアスロー】

ホーム