アカハタ釣りの船からのエサ仕掛けと釣り方

アカハタ釣りの船からのエサ仕掛けと釣り方

船からのアカハタ釣りは、エサでもルアーでも狙うことができます。

 

梅雨はまだアカハタの活性が高くありません。

 

そのような時期は、エサで狙うのが最適です。

 

スポンサーリンク

 

 

エサ釣りなら、一つテンヤ仕掛けがおすすめです。

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

アカハタ釣りの船からのエサ仕掛けと釣り方

 

 

竿

 

竿は、ロックフィッシュ用のライトゲームロッドを使います。

 

調子は7:3が扱いやすいです。

 

長さは、2〜2.5mがよいです。

 

 

 

 

リール

 

リールはスピニングリールを使います。

 

サイズは3000番がおすすめです。

 

 

 

 

ライン

 

ラインは、PEの1〜1.5号を巻いてきます。

 

 

リーダー

 

リーダーは、フロロカーボンの4号をセットしておきます。

 

長さは2m前後です。

 

 

一つテンヤ

 

一つテンヤは、水深15〜30mなら8号前後、水深30〜40mなら15号前後を使います。

 

 

 

アカハタ釣りのエサ

アカハタ釣りのエサについてご紹介します。

 

エサは、サバの切り身やスルメイカの短冊、ヒイカなどが使われます。

 

エサ取りが多い時は、イカ系のエサがおすすめです。

 

エサは、刺し通しで付けると外れにくくなります。

 

活性が高くなってくれば、ワームを使うとよいです。

 

 

アカハタ釣りの船からのエサでの釣り方

アカハタ釣りの船からのエサでの釣り方についてご紹介します。

 

ポイントの水深が深い(30m以上)場合は、真下に沈めて釣ります。

 

浅い(15〜30m)場合は、キャストして釣ります。

 

 

まず、仕掛けを沈めて底を取ります。

 

竿を立ててラインを張った状態で止めます。

 

アタリがなければ、竿をゆっくりシャクリ上げた後底まで沈めて止めます。

 

活性の低い時期は激しく誘っても食ってくれません。

 

できる限りゆっくり誘うことが重要です。

 

 

アタリがあっても、即合わせはしません。

 

聞き合わせるようにします。

 

活性の高い時期なら即合わせしてもよいです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「クロソイ釣りの時期(シーズン)

ホーム