オニカサゴの仕掛けと釣り方

オニカサゴの仕掛けと釣り方

食べておいしいオニカサゴ。

 

専門で釣りに出る船が多いです。

 

ここでは、オニカサゴの仕掛けと釣り方についてご紹介しています。

 

スポンサーリンク

 

 

オニカサゴの仕掛け

オニカサゴの仕掛けについてご紹介しています。

 

仕掛けは次のとおりです。

 

オニカサゴの仕掛けと釣り方

 

 

竿

 

竿は、オモリ負荷80〜150号の根魚用やヤリイカ用、青物用の竿を使います。

 

7:3〜8:2調子のものが扱いやすいです。

 

長さは1.8〜2.1mがおすすめです。

 

 

 

 

 

リール

 

リールは中型の電動リールを使います。

 

 

 

 

道糸

 

道糸はPEの3〜4号を使います。

 

300m巻いておきます。

 

 

天秤

 

天秤は片天秤を使います。

 

腕長は30〜40cmです。

 

 

ハリス

 

ハリスはフロロカーボンの5〜8号を使います。

 

全長は1.5〜1.8mです。

 

エダスは30cmです。

 

 

 

針はムツ針の15〜18号を使います。

 

2本針です。

 

喰いが渋ければ小さめの針がよいです。

 

夜光玉を付けます。

 

よりアピールするために、タコベイト浮力アイテムを使ってもOKです。

 

 

 

 

オモリ

 

オモリは120〜150号を使います。

 

船で決められていることが多いです。

 

オニカサゴの釣り方

オニカサゴの釣り方についてご紹介しています。

 

エサは、サバやサンマの切り身、カツオのハラミ、ホタルイカ、イカの短冊などが使われます。

 

何種類かのエサを持っていくとよいです。

 

 

オニカサゴはベタ底にいて捕食します。

 

捕食の時だけ底から少し離れます。

 

このことから、オニカサゴ釣りでは基本的には底を中心に狙います。

 

 

まず、仕掛けを底まで沈めます。

 

着底すれば、底を叩くように小突き、道糸を張ります。

 

ゆっくりと竿を0.5〜1mシャクリ上げてアタリを待ちます。

 

アタリがなければ、2〜3m上げてから底まで沈めます。

 

再度繰り返します。

 

 

潮の速さによって釣り方を変えるとよいです。

 

潮が緩い場合は、小さめの針と小さめのエサで釣ります。

 

底からハリスの1/2〜全長分上げて、仕掛けを上下に動かして誘います。

 

底潮が速い場合は、長めのエサで釣ります。

 

底から30〜50cm上げて、エサをゆらゆらさせて誘います。

 

 

アタリがあれば、向こう合わせでよいです。

 

すぐに上げずに追い食いを狙うこともできます。

 

トゲには毒があるので、取り込んだら注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「インチクサビキの仕掛けと根魚の釣り方

ホーム