ロックフィッシュの船のライトワインド仕掛けと釣り方

ロックフィッシュの船のライトワインド仕掛けと釣り方

ロックフィッシュの船のライトワインド仕掛けと釣り方についてご紹介しています。

 

ライトワインド”という言葉を始めて聞いたという人もいると思います。

 

最近どんどん人気が高まっている釣り方です。

 

ライトワインドとは、ライトタックルなど手軽な釣具で、魚の食い気を高めて釣る方法です。

 

対象魚はロックフィッシュに限らず、アジやチヌなどフィッシュイーターなら何でもOKです。

 

そのため、いろいろなターゲットの釣りに用いられています。

 

 

ライトワインド仕掛けは、次のとおりです。

 

ロックフィッシュ ライトワインド

 

ライトワインド仕掛けと言っても、メバリングなどでのジグヘッドを使った仕掛けとほとんど同じです。

 

船釣りなので、おかっぱりからの釣りに比べると、若干重めのジグヘッドを使います。

 

 

釣り方は非常に簡単です。

 

はじめに、仕掛けを真下に沈めます。

 

底に着けば、糸ふけを取ります。

 

後は、竿先を小刻みに上下させて誘いを入れるだけです。

 

 

基本的に船を流して釣りますので、ポイントがどんどん変わっていきます。

 

常に底の状況が変わるので、頻繁に底を取らないといけません。

 

底取りをしないと、次のようなことが起ります。

 

  • 仕掛けが底から上がり過ぎる。
  • 仕掛けが底を這ってしまう。

 

仕掛けが底から上がり過ぎると、基本的に底にいるロックフィッシュは釣れません。

 

仕掛けが底を這ってしまうと、根がかりが起りやすくなります。

 

こういったことがたびたび起っているようでは、釣果にも大きな影響が出てしまいます。

 

そのため、底は頻繁に取り直す必要があります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「ロックフィッシュのボート仕掛け(タックルなど)と釣り方【ハードロックフィッシュ】

ホーム