オオモンハタ釣りのショアラバ仕掛けと釣り方(ショアラバージギング)

オオモンハタ釣りのショアラバ仕掛けと釣り方(ショアラバジギング)

オオモンハタ釣りのショアラバ仕掛けと釣り方についてご紹介しています。

 

オオモンハタなどの根魚を狙うのに、ショアラバ仕掛けがぴったりです。

 

タイラバで根魚が食ってくることが多いためです。

 

ショアスロー仕掛けとほとんど同じなので、ショアラバ用のルアーを用意しておくと面白いです。

 

 

オオモンハタ釣りのショアラバ仕掛け

オオモンハタ釣りのショアラバ仕掛けは、次のとおりです。

 

オオモンハタ釣り ショアスロー 仕掛け 釣り方

 

ロッド

ショアラバ対応のロッドが使いやすいです。

 

穂先がしなやかなロッドの方が食いがよいです。

 

長さは、9〜10フィートがおすすめです。

 

適合ルアーウェイトは、20〜60gです。

 

 

 

 

リール

スピニングリールがよいです。

 

キャストしやすいのでおすすめです。

 

サイズは、2500〜3000番がぴったりです。

 

 

 

 

ライン

ラインは、PEの1.5号前後を巻いておきます。

 

 

リーダー

リーダーの太さは、場所によって異なります。

 

根ズレの可能性が高い磯はフロロカーボンの8号、磯以外なら5号でよいです。

 

1〜1.5mの長さにしておきます。

 

 

ルアー

ショアラバ専用のものを使います。

 

重さは、30〜60gを使います。

 

オオモンハタは魚系が好きなので、ルアーにシルバー系のものを使うとよいでしょう。

 

ちなみに、アカハタはカニやエビなどの甲殻類が好きなので、赤系がよいかもしれません。

 

 

根魚(オオモンハタなど)以外の魚も狙いたいのなら、五目釣りタイプのこちらがおすすめです。

 

遊動タイプなので、魚に違和感なく食わせることができます。

 

 

 

根魚(オオモンハタなど)を専門に狙いたいのなら、こちらがおすすめです。

 

ワームを装着して使います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

オオモンハタ釣りのショアスローでの釣り方

オオモンハタ釣りのショアスローでの釣り方についてです。

 

磯から釣ることが多いです。

 

 

まず、仕掛けをキャストして底まで沈めます。

 

着底後すぐに巻き始めます。

 

基本的にはただ巻きでOKです。

 

根魚狙いなので、10回ほど巻いた後、すぐに底まで沈めます。

 

沈める時は、ラインを張らず緩めずのテンションで行います。

 

竿先を沈む速さに合わせて送り込むようにします。

 

これを繰り返すだけです。

 

竿先の位置にご注意!

 

巻いてくる時の竿先の位置に注意するようにしましょう。

 

根がかりの多い場所を引いてくる時仕掛けを急に上げたい時は、竿先を高く上げるようにします。

 

逆に、足場が高い時仕掛けを浮かせたくない時は、竿先を下げるようにします。

 

竿先の上下で、仕掛けを引いてくる棚を調整します。

 

 

 

他には、リフト&フォールも有効な誘い方です。

 

リフトで巻き上げてしっかりジグをアピールし、フォールで食わせます。

 

 

オオモンハタは、他のロックフィッシュとは異なり、底から浮いていることがよくあります。

 

中層でも釣れるので、当たりがなければ上の方まで誘ってみるとよいです。

 

また、反応がない時ほど速めに巻くようにするとよいです。

 

 

当たりがあれば、合わせてゴリ巻きで上げます。

 

すぐに底から引き離さないと、根に潜られてしまうためです。

 

いかに早く底から引き離せるかで釣果が変わってきます。

 

くれぐれも油断は禁物です。

 

 

ショアラバで反応がよくなければ、ショアスローに変更するとよいです。

 

どちらかでよく釣れることが多いためです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「マハタ釣りの時期(シーズン)

ホーム