キジハタの探り釣り仕掛けと釣り方【アコウ釣り】

キジハタの探り釣り仕掛けと釣り方【アコウ釣り】

キジハタ(アコウ)の探り釣り仕掛けと釣り方についてご紹介しています。

 

おかっぱりで人気の釣り方です。

 

キジハタの探り釣り仕掛け

キジハタの探り釣り仕掛けについてです。

 

探り釣り仕掛けは、次のとおりです。

 

キジハタ 探り釣り

 

ロッド

ロッドは、1〜2号の磯竿(3〜4m前後)チヌのカカリ竿(1〜1.5mほど)が使いやすいです。

 

繊細な当たりが取れるものがよいです。

 

 

 

 

リール

リールは、小型の両軸リールがおすすめです。

 

 

 

 

 

ライン

ラインは、ナイロンの3号を巻いておきます。

 

 

中通しオモリ

中通しオモリは、3〜5号を使います。

 

 

ハリス・針

ハリスはフロロカーボンの2.5〜3号、針は丸セイゴ9〜10号を使います。

 

スポンサーリンク

 

 

キジハタの探り釣りの釣り方

キジハタの探り釣りの釣り方についてです。

 

キジハタは、ケーソンの継ぎ目などにいることが多いです。

 

そのような場所を見つければ、仕掛けを投入するとよいです。

 

ケーソンの継ぎ目を狙う場合は、底だけではなく、上の方まで探ってみます。

 

上から1〜2ヒロぐらいで食ってくることもあるためです。

 

潮位が高い時の方が探れる範囲が広いのでおすすめです。

 

 

当たりは、比較的小さいことが多いです。

 

竿先にコンコンと反応があったり、竿先が軽く持ち上げられたりと。

 

このような場合は誘い上げてみます。

 

すると、重たくなったり、引き込んだりすることがあります。

 

これは、魚が食ってきた証拠なので、強めに合わせます。

 

後は巻き上げるだけです。

 

 

エサでもワームでも釣れますが、日中はエサの方が食いがよいです。

 

エサには、アオイソメやオキアミ、サンマの切り身などがよく使われます。

 

活きたエビやカニならなおよしです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「キジハタ釣りのルアー(ワーム)仕掛けと釣り方【アコウ釣り】

ホーム