カサゴ釣りのワーム仕掛け(テキサスリグ)と釣り方

カサゴ釣りのワーム仕掛け(テキサスリグ)と釣り方

カサゴ釣りのテキサスリグによるワーム仕掛けと釣り方についてご紹介しています。

 

テキサスリグは、元々ブラックバスを釣るための方法でした。

 

その方法が、カサゴなどのロックフィッシュ釣りにも採用されるようになりました。

 

テキサスリグは、ワームで底を探って釣るのに適しています。

 

底にいるロックフィッシュとは、相性がぴったりの釣り方なのです。

 

 

カサゴ釣りのテキサスリグによるワーム仕掛け

テキサスリグによるワーム仕掛けは、次のとおりです。

 

カサゴ釣り テキサスリグ ワーム

 

テキサスリグのメリットは、根がかりしにくいことです。

 

ジグヘッドでは、根がかりで攻められないポイントでも、テキサスリグなら攻められます。

 

そのため、根回りなどを攻めることが多いカサゴ釣りにはテキサスリグの方が安心です。

 

 

ロッド

リール

詳しくはこちらを!

 

 

ライン・リーダー

ラインやリーダーは、釣り方などによって変わってきます。

 

重めのシンカーで深場を攻めたり、強引なやり取りで一気に巻き上げる場合は、ベイトリールPEの1.5号を巻いておきます。

 

リーダーは、フロロカーボンの5号を5m前後付けます。

 

軽めのシンカーで、ソフトに誘って釣る場合は、、スピニングリールPEの0.8号を巻いておきます。

 

リーダーは、フロロカーボンの2号を50cm前後付けます。

 

 

シンカー

シンカーは、3.5〜21gぐらいを使います。

 

潮の速さや深場狙いの場合などは、重さが変わります。

 

ロッドの適合ルアーウエイトの範囲を事前に確認しておきます。

 

 

ビーズ

ビーズについては、使っても使わなくてもよいです。

 

ビーズを使うメリットは、ビーズとシンカーが当たると音が鳴ることです。

 

音が鳴ることで、カサゴにアピールできるのです。

 

 

フック

1/0〜3/0のサイズのオフセットフックを使います。

 

 

ワーム

ワーム仕掛け(ジグヘッドリグ)」を参照!

 

スポンサーリンク

 

 

カサゴ釣りのテキサスリグによる釣り方

カサゴ釣りのテキサスリグによる釣り方についてです。

 

根などカサゴがいそうなポイントを確認できれば、そこへ仕掛けをキャストします。

 

広範囲を探りながら釣っていきます。

 

 

キャストした仕掛けを底に沈めます。

 

着底後、ゆっくりズル引きします。

 

テキサスリグは根がかりしにくいので、根回りなどを攻めます。

 

ズル引きの際、障害物に接触しても、引けそうならそのまま引き続けます。

 

引くのが難しい場合は、ロッドを煽ることで、ルアーを跳ねさせて根がかりを避けます。

 

あまりにもキツイ根を攻める場合は、ルアーを大きく跳ね上げてもよいです。

 

 

引いてくる際に、シェイクを入れて誘うと食ってくることがあります。

 

反応がイマイチの時は、引く速さを変えてみたり、ワームのサイズやカラーを変えてみるとよいです。

 

 

小さな当たりで合わせても、針がかりしないことが多いです。

 

そのため、比較的大きな当たりや引き込みがあるまで待った方がよいです。

 

 

針がかりすれば、できるだけ早く巻き上げます。

 

遅れてしまうと、根に持ち込まれて上げられなくなってしまいます。

 

いかに素早くカサゴを底から引き離せるかがポイントです。

 

底さえ切ってしまえば、一定の速さで巻き上げればよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「カサゴのメタルジグ仕掛けと釣り方

ホーム